視覚障碍者向けスマートグラスの音声実演(後半)

視覚障碍者向けスマートグラスの音声実演後半をお届けします。

オーカムには、目の前にいる人の性別や年齢をズバズバ言い当てる、恐ろしい機能があるという噂です!
果たして本当にそんなことができるのでしょうか?

では後半をお楽しみください。

人工内耳友の会ACITA ホームページより

人工内耳スピーチプロセッサ/サウンドプロセッサのアップグレード指針

ACITAは、一定の使用期間(例えば5年)が経過し、使用中の機種から新型機種への交換により治療効果の向上、社会生活の向上が期待できる場合、新型の人工内耳用音声信号処理装置を、健康保険適用下で処方してもらえるよう要望しておりましたが、このたび、日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会から、2024年2月15日付けで「人工内耳スピーチプロセッサのアップグレード指針」が公表されました。

この指針は、聞き取り検査結果の基準の妥当性の検証、基準への社会生活の向上(機能、使い易さ等)の追加等課題は残っているものの、使用期間が5年以上経過後、「単語」の聞き取り検査の結果が一定基準を満たす場合、新機種を健康保険適用下で処方可能とするとの画期的な内容となっています。(※厚生労働省「特定保険医療材料の材料価格算定に関する留意事項について」の「090 人工内耳用材料」においても同様の条件が記載されました。)

この指針が示す基準を満たす可能性があり、新機種への更新を希望される方は、病院にてご相談ください。

この指針制定にあたりご尽力された関係者各位に心より感謝申し上げます。

ということらしいです。

視覚障碍者向けスマートグラスの音声実演(前半)

展示会出展のため、視覚障碍者向けスマートグラスを3機種借りましたので、デモンストレーションして音声デモを作ってみました。

  • エンジェルビジョングラスリーダー
  • オーカムマイアイ2
  • エンビジョングラス(今回はあえて割愛)

今回は前半、各機種の外観説明、エンジェルビジョングラスリーダーのデモを行っています。

興味がありましたらお聞きください。

補足

大きさについて述べていますが、カタログには次のように書かれています。

エンジェルビジョングラスリーダー

外形寸法 約70mm ×約26mm ×約15mm
重量 約30g

オーカムマイアイ2

外形寸法 約76mm ×約21mm ×約14.9mm
重量 約22.5g 

カテゴリー: ICT

Firefox、オンデバイスAIで画像のAltテキストを自動生成する実験的機能を導入、スクリーンリーダーのユーザーに利便性

Firefox、オンデバイスAIで画像のAltテキストを自動生成する実験的機能を導入、スクリーンリーダーのユーザーに利便性 - Publickey

最近AIで画像の情報を取得できるというサービスやアプリがいろいろ出てきていますが、ほとんどがクラウド上で処理されるため、プライバシーが心配になります。
その点、ローカルコンピュータ上で処理されると、外部に情報が送信されることがないので安心です。
あとは認識精度や速度が気になるところです。
日本語にも対応してくれるかも気になります。

カテゴリー: ICTPC

マッピング11回目

久しぶりに人工内耳の話題です。

4月25日に11回目のマッピングに行ってきました。

駅からいつもんバスに乗ろうとしたら、バスがきません!
おっかしいなと思っていたら、近くにいた人が声をかけてくれたので、バスの時刻表を見てもらいました。
すると、これまで30分に1本あったバスが1時間に1本になっていました。
4月から変わったみたいです。
うっかりなにも調べていませんでした。
その人によると、最近運転手がいなくてバスの本数が減っているみたいです。
バスの運転手は神経も使うし大変なので、若い人はあまりなりたがらないというようなことをおっしゃっていました。
人手不足といわれていますが、バスの業界も深刻なのですね。
仕方がないのでいつもよりも30分遅いバスに乗ったのですが、予約時間に30分以上も遅刻してしまいました。
しかも、次の人がもう来ておられたみたいで、ちょっと困ったことになりました。
1年も行っていないといろいろなことが変わるので、ちゃんと調べて出かけないと駄目ですね。
でも何とか診察していただくことができました。

今回は、東京からメーカーの方が来られていて、人工内耳で困ったことがあれば相談してかまわないといわれたので、永年悩んでいたことを相談してみました。
それは、音源の方向が分からない問うことです。
補聴器と人工内耳の聞こえ方のバランスで、人工内耳は大きく聞こえるのですが、補聴器の耳の方は小さく聞こえるため、音の方向が分かりません。
音の方向を知ることは、特に視覚障碍者が道を歩いたり、音源の方向を知るうえでとても重要です。
私の場合右耳が人工内耳、左耳が補聴器のため、左右の音のバランスが悪く、音の方向をつかむことが難しいのです。
人工内耳は比較的小さな音でも拾うため、外を歩いているとき、車の音が聞こえるので車がいることはわかるのですが、それがどちらの方向なのか、そして自分から遠い位置の音なのか近くの位置の音なのかが分からないので、常に不安んを抱えながらを歩いています。
その課題を何とか解決する手段はないのかということを相談してみました。

これは、正直、難しい問題のようです。
それでも、補聴器の耳と人工内耳の耳の聞こえ方の測定をしてもらい、一つの提案をいただきました。
人工内耳は補聴器よりも本のわずか早く音が到達するそうです。
その差は約1/1000秒ぐらいという、本当に微妙な差です。
しかしその差があることで、脳が音の方向をつかみにくくしているのではないか、ということなのです。
そこで、人工内耳の方で、「音の到達速度を補聴器に合わせる」という設定をしていただきました。

余談ですが、人工内耳はコンピュータで設定をするのですが、そこがチェックボックスになっているみたいです。
メーカーの人が、「『音の到達を補聴器に合わせる』のチェックを付けて」といっておられるのが聞こえました。

なにもなければ、次回はまた1年後に行く予定です。
交通機関も調べてから出かけないといけないですね。

エンビジョングラスが立山連峰を説明してくれるか試してみた

富山県に住んでいて、エンビジョングラスを持っているというと、「『立山連峰があります』って教えてくれるか?」と聞かれることがあります。

昨日、盲ろう者友の会で魚津水族館に出かけたのですが、快晴で、立山がきれいに見えると支援者が教えてくれたので、これはエンビジョングラスで立山を試すよい機会だと思い、エンビジョングラスで説明してくれるか試してみました。

下記からお聞きください。

カテゴリー: ICT

11月16日 アピアショッピングセンター暮らしの安心フェアに出展

11月16日、アピアショッピングセンター1階催事場で開催される、「暮らしの安心フェア」において、視覚障碍者向けICT機器をご紹介させていただくことになりました。
平日の日中ですが、仕事をさぼって点ではなくて、仕事の買い物の合間にお立ち寄りいただければ幸いです。

アピア暮らしの安心フェアのチラシ
続きを読む 11月16日 アピアショッピングセンター暮らしの安心フェアに出展

カテゴリー: ICT

MuseScore4.1で点字楽譜機能をサポート

 MuseScoreという楽譜作成ソフトは以前からNVDAなどのスクリーンリーダーに対応しています。

そのMuseScore の最新版4.1でライブ点字楽譜機能をサポートしたということが書かれていたので試してみました。

Accessibility breakthrough – Compose in Braille with MuseScore 4

 オルトキーを押して、右矢印キーで編集に移動、
下矢印キーで環境設定でエンター。
シフト+タブキーで一般まで移動。
下矢印キーで点字という項目があります。
ここでタブキーを押すと、点字パネルを表示というチェックボックスがありますのでスペースキーでチェックを付けて、タブキーでOKまで移動してエンターキーを押します。

 すると画面の下に点字表示が行われます。
スクリーンリーダー利用者の場合、デフォルトの楽譜編集エリアからタブキーを1回押すと点字パネルに移動できます。
点字パネルでは、現在フォーカスのある1小説部分の楽譜がユニコード点字で表示されます。特に特別なフォントなどがインストールされていなくても画面表示されるはずです。
NVDAで点字ディスプレイ表示できるようになっている場合、それを点字で読むことができます。

 さらに、時期バージョン4.2では、パソコンのキーボード f d s j k l の6点キーを用いて点字で楽譜を入力できる機能をサポートするということが書かれています。

 こういった一般の楽譜作成ソフトが点字楽譜をサポートするというのは興味深いですね。

 MuseScoreは無料でダウンロードできますので、興味のある方は是非試してみてください。

ダウンロード | MuseScore

カテゴリー: ICTPC