視覚障碍者向けスマートグラスの音声実演(後半)

視覚障碍者向けスマートグラスの音声実演後半をお届けします。

オーカムには、目の前にいる人の性別や年齢をズバズバ言い当てる、恐ろしい機能があるという噂です!
果たして本当にそんなことができるのでしょうか?

では後半をお楽しみください。

カテゴリー: ICT

人工内耳友の会ACITA ホームページより

人工内耳スピーチプロセッサ/サウンドプロセッサのアップグレード指針

ACITAは、一定の使用期間(例えば5年)が経過し、使用中の機種から新型機種への交換により治療効果の向上、社会生活の向上が期待できる場合、新型の人工内耳用音声信号処理装置を、健康保険適用下で処方してもらえるよう要望しておりましたが、このたび、日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会から、2024年2月15日付けで「人工内耳スピーチプロセッサのアップグレード指針」が公表されました。

この指針は、聞き取り検査結果の基準の妥当性の検証、基準への社会生活の向上(機能、使い易さ等)の追加等課題は残っているものの、使用期間が5年以上経過後、「単語」の聞き取り検査の結果が一定基準を満たす場合、新機種を健康保険適用下で処方可能とするとの画期的な内容となっています。(※厚生労働省「特定保険医療材料の材料価格算定に関する留意事項について」の「090 人工内耳用材料」においても同様の条件が記載されました。)

この指針が示す基準を満たす可能性があり、新機種への更新を希望される方は、病院にてご相談ください。

この指針制定にあたりご尽力された関係者各位に心より感謝申し上げます。

ということらしいです。